2015年4月

首のコリは湿布で

私の持病は首のコリ。もう十数年前になりますが首のMRIを撮ったとき医者に言われたことが
「骨と骨との隙間が狭くなっている、将来痛くなる」
というようなことを言われました。言われた時は、そんなことないだろと信じませんでしたが、約7年前あたりから首の痛みがでるようになりました。首のコリがひどくなると痛みがでてくる感じです。

首の痛みだけならまだいいのですが、それの痛みが頭にくるのです。ひどい頭痛になります。

救世主と出会う

救世主といってもそれは人ではありません。右の写真にあるこの湿布です。その名はモーラステープ。処方箋でだしてもらう湿布です。首のコリを感じたらこの湿布を貼るのです。痛くなる前に貼り、コリを解消するのです。

また貼るのが遅くなって頭痛がひどくなったときでも、これを貼れば私の場合、頭痛が短時間のうちに治まります。あくまでも私の場合で使用した感想です。

適度なサイズに切って節約

私はよく首にモーラステープを貼りますが、一枚丸ごと使うと大きすぎてもったいないという時があります。そんな時、右の写真のように半分に切って使います。

この大きさだとちょうど自分が首に貼りたい部分とぴったり大きさがあいます。一枚で2回分使えて経済的です。

しかし、湿布ばかりにたよるというのは良くないことだと最近は思います。一番にやることは首がこらないようにすることです。

コラージュフルフルネクストシャンプーで解決

フケが気になっている方も少なくないと思います。この私もそうでした。とにかくフケがでて困っていました。頭を毎日洗っていてもフケは多くでました。シャンプーの後はリンス。しっかり洗い流す。当然、髪を乾かすのは自然乾燥、ドライヤーは使いません。整髪料も使いません。でもフケがでました

そして、フケがでて次に気になってくるのが抜け毛。こんだけフケがでていたら髪の毛に対しても、きっとよくないのではないかと思い始めました。何とかしなければと思いましたが、何とかするという方法が思いつきません。

皮膚科に行ってみた

この状態を放置するということが最もいけないことだと思いつつ、日々フケが落ちるのを「おおっ!デカイのが落ちたな」と記録更新みたいに喜んでいました。

しかしある日、これが皮膚の病気だったらと思うようになり、一度医者に診てもらおうと大学病院へ行きました。対応がひどい。向きあった状態(1mは離れていた)で診察、髪の毛をかきわけて頭皮も診てくれないありさま。それで診察終了。こんな医者あてにならないとネットで評判のいい皮膚科を検索。ここならという病院を見つけ行きました。セカンドオピニオンというヤツです。

そこの病院はよく診てくれました。そして、その時紹介してくれたのが、コラージュフルフルシャンプーです。紹介してくれた当時は、確かこの名称でした。このシャンプーを使い始めてからすぐに効果がでて、今までフケがすごかったのが嘘のようになくなりました。これはあくまでも私が使った感想です。

このシャンプーのおかげで、フケの悩みがなくなったことは本当に良かったと思います。それは、人は身だしなみには非常に厳しいところがあるからです。

最近、嵌っている菓子、ジュース

ちょっと小腹が空いた時に食べるお菓子、ちょうどいい量にしかも美味しいと自分に嵌る物ってなかなか出会えません。しかし、最近これは!っと嵌ったポテトチップスがあります。それと、それに自分的にあうジュース、鉄板というコンビを紹介します。

堅あげポテト

かならずといっていいほど自分の部屋にあります。カルビーの堅あげポテト。マジあると落ち着くお菓子です。このポテト食感がいい、適度なかたさと暑さ、そして塩加減。食べていて飽きないです。量もちょうどいい。値段も100円前後と意外と安い。いろんなお店にあるが私見では、結構な人気商品だと思います。


つぶたっぷり贅沢みかん

堅あげポテトの私の中での相棒的な存在、これまた最近嵌りまくっている飲料水がポッカサッポロのつぶたっぷり贅沢みかん。つぶつぶ果肉入りと缶に書いてあるとおり、飲んでいながら果肉を食べているような一石二鳥的な飲みごたえのジュースです。価格は120円前後。

逆流性食道炎の持病をもつこの私、本来シュワーっとくる炭酸飲料が好きで飲んだ後の満足感がたまらないのですが、この持病には炭酸飲料はよろしくない。しかし、炭酸飲料に匹敵する満足感を味わいたい、それがつぶったぷり贅沢みかんなのです。

チップスター

昔からあるヤマザキナビスコのチップスター。このポテトチップスも部屋に置いてあります。私が買うのは、筒型の箱のタイプで小さい方です。このタイプはコンパクトでかさばらない、置き場所に困らないという非常に便利なヤツです。そしてたまに特売をやっている時があるので、価格的にも嬉しいかぎりです。